握力WIKI

絶対的完成度を目指す神WIKI握力編

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

HOME

INDEX

  1. 世界記録
  2. 平均握力
  3. 握力王
  4. 握力技
  5. 握力計
  6. 鍛え方
  7. ハンドグリップ
    1. キャプテンズ・オブ・クラッシュグリッパー
    2. スーパーグリッパー

gripper

ハンドグリップ

商品名価格強度
スーパーグリッパー3000~4000円台2~300kg
キャプテンズ・オブ・クラッシュグリッパー2500円台27~165kg

トレーニング

ハンドグリッパーによる握力トレーニングにおいて、
アイアンマインド社は“誰もが守るべき基本”として次のようなガイドラインを提唱している。1)

入門(握力トレーニングを始めて1~2週間の間)
ウォームアップ1セット×5レップス
本番1セット×5レップス
初級(握力トレーニングを始めて1~2週間以降)
ウォームアップ2セット×5レップス(2セット目は1セット目よりも強度を高める)
本番2~3セット×5レップス(まず2セットから始め、慣れてきたら3セットに増やす)
中級(本番を3セットこなせるようになってから)
ウォームアップ1セット×10~12レップス
本番4セット×5レップス

これはあくまで目安であり絶対的な基準ではない。
しかしどんなに多くても10~12レップス以上は行なわないように勧告されている。

本番セットは閉じられるところまで行い、
完全に閉じられるようになったら強度の高いグリップに替える。
こうすることで最初は閉じられなくてもいずれ閉じられるようになり、
そこから2レップス、3レップスと閉じられる回数が増していく。

キャプテンズ・オブ・クラッシュグリッパーを例に取ると、
ウォームアップの1セット目にトレーナー、2セット目に#1、本番に#2を用いる。

ハンドグリッパーは強度に幅があり過ぎて負荷の調整が困難だが、
カスタマイズ可能なスーパーグリッパーを使用するか、
キャプテンズ・オブ・クラッシュグリッパーを全て集めるか、
グリップヘルパーを装着することによりこの問題は解決される。

キャプテンズ・オブ・クラッシュグリッパーは後発商品が次々と登場し、
今では各ランク間の差異が9kgにまで縮まっているからである。
また種類の少ない他ブランドに関してもグリップヘルパーで差異を縮められるからである。
例えば60kgのハンドグリッパーにグリップヘルパーを装着すると70kgほどになる。

なお手の痛みが激しい場合はハンドル部分にファットグリップを装着すればいい。

1) Randall J.Strossen & J.B.Kinney & Nathan Holle『握力王 vol.Ⅱ』P.42_44-45
gripper.txt · 最終更新: 2015/10/25 05:24 by kamiwiki