IPPONグランプリ.COM

IPPONグランプリ.COM

-トップページ-

IPPONグランプリの舞台

第38回放送文化基金賞テレビエンターテインメント番組部門優秀賞を受賞したバラエティ番組。
フジテレビが2009年から不定期に放映しており、現時点で第8回まで続いている。

「お台場笑おう会」が芸人10名を招待して競わせ、大喜利No.1を決定する。
挑戦者はまず先攻のAブロックと後攻のBブロックに分けられ、参加していない方のブロックメンバーが審査員を担う。

持ち点は1人2点。まあまあなら1点、すごく良ければ2点。合計10点で満点なら1本獲得。
お題は3問出題され、最も多く1本を獲得した挑戦者が決勝戦に進出するが、
同点の場合はサドンデス(先に一本獲得したら勝ち)を行う。

ブロック戦の後にはCHAIRMAN's EYEが差し挟まれ、
番組に投稿された一般人の回答およびチェアマン・仁志松本の回答を紹介する。

その後に決勝戦(3本先取制のサドンデス)が行われ、最後はチェアマン・仁志松本の言葉で締めくくられる。

ニュース

千原ジュニアのIPPONグランプリ優勝に異議殺到

IPPONグランプリ第7回は千原ジュニアの優勝で幕を閉じた。
しかし大喜利の内容が笑いよりも機知に偏ってしまったため、視聴者からはブーイングの嵐が。

「元・独裁者ペニーズ・バーン」に賛否両論

IPPONグランプリ第7回のお題「放送コードギリギリOKの芸名」では、滑り続きの吉村崇【ノブシコブシ】が「元・独裁者ペニーズ・バーン」という回答を2回叫んで1本にこぎつけた。しかしチェアマン仁志松本には全然おもしろくないとこきおろされ、視聴者からもバッシングを受けるはめになった。そんな中、時が経つにつれジワジワとおもしろくなってきたという意見がちらほらと上がるようになった。ペニーズはわかるとして元・独裁者とはどういうことなのか?という意味不明のツボにはまるのだとか。もしかしたら吉村崇は常人とは異なる笑いの法則をつかんでいるのかもしれない。

伝説の一般回答「いくよ、マジでいくよ師匠」

元・独裁者ペニーズ・バーンで物議を醸したお題「放送コードギリギリOKの芸名」。ChairMan's roomでは会場とは対照的な様相を呈していた。一般回答の「いくよ・マジでいくよ師匠」がゲストに爆笑を巻き起こしたのだ。放送終了後、ネット上でも「“いくよ・マジでいくよ師匠”がIPPONグランプリ史上最高に面白かった」という圧倒的な支持を得た。

擬似IPPONグランプリ開催

「毛玉の主」なる大喜利ストがネット上で素人芸人を対象にしたIPPONグランプリを開催している模様。決勝戦では「JP」が「まっちゃん」を敗って優勝したということだが、大喜利の内容については明かされていないのでよくわからない。なお、疑似ダイナマイト関西も合わせて開催されている。

Q&A

Q.IPPONグランプリは生放送ですか?

A.生放送ではありません。事前に収録されたものが放映されています。

Q.IPPONグランプリで流れてる曲は何ですか?

A.矢沢永吉の曲です:イントロの部分だけを流している曲は「止まらないHa-Ha(「東京ナイト」収録バージョン)」、歌詞の部分も歌っている曲は「ルイジアンナ(バンド名:キャロル)」。

Q.IPPONグランプリOPのようなデザインはどうすれば作れますか?

A.専門のソフトウェアを使って2階調化すれば誰でも簡単に作れます。

Q.グランドチャンピオン大会の件はどうなったのですか?

A.2010年末に開催される予定でしたが、夏の陣が松本仁志の怪我で延期され、続く春の陣も大震災で中止となり、連続するトラブルの中自然消滅してしまったようです。ただ第6回で歴代チャンピオンが勢ぞろいしたのでこれが実質的なグランドチャンピオン大会になったと見られています。

Q.一般回答を募集しているホームページで事前にお題を知ることができてしまうIPPONグランプリは結局のところ八百長ですか?

A.100%ガチだと思っている視聴者からすれば八百長かもしれませんが、お題の全てが公開されているわけではありませんし、事前に知っていたとしてもそれで出場者の大喜利の価値が下がるわけではありません。素人ではどんなに時間をかけても王者以上の回答を生み出せるはずがないからです。ただ事前公開だとゴーストライターを用意できてしまうのでそこのところは問題があります。ちなみに事前公開は笑点などでも当たり前に行われていると言われています。

Q.お題「このストレッチを一年続けるとどうなる?」の本当の答えは「糖尿病の予防」とまっちゃんが言っていましたが本当ですか?

A.本当です。柔軟体操をすると体内の血糖濃度が低下して糖尿病の予防になります。

Q.お題の一部が差し替えられたことがあったようですが元はどんなお題だったのでしょうか?

A.地面から坊主頭が突き出た写真のお題(写真で一言)です。東北大震災の起きた年だったことから地震を連想させるお題を自粛したものと見られています。

Q.第4回で川島邦裕【野生爆弾】が着用していた帽子はどこのブランドですか?

A.PunkDrunkers(パンクドランカー)です。

Q.第8回で常連の有吉弘行が出演しなかったのは何故ですか?

A.出演の話はあったものの収録日が生放送のラジオとかぶった為断ったとのことです(本人談)。

豆知識

豆知識
IPPONフリスク
IPPONグランプリのオリジナルフリスク
IPPONグランプリでは出場者・観覧者の双方にロゴのプリントされたオリジナルフリスクが配られる。オリジナルフリスクについて直接取り上げられたことはないが、観覧ゲストに招待された冨永愛が本番中にフリスクを食べて問題になったことがある。上記の写真は左から釈由美子、菊池亜美【アイドリング】、田中卓志【アンガールズ】。
IPPONシャツ
スタッフ

IPPONグランプリのスタッフには黄色いネクタイの柄がプリントされた黒いティーシャツが配られる。左記の写真は一スタッフのもの。
スーツ姿なのでわかりずらいがスーツの下にシャツを着用している。

データ

視聴率
放送回放送日視聴率
第1回2009年12月27日24:25-26:3507.2%
第2回2010年03月30日24:35-26:3505.4%
第3回2010年10月05日24:35-26:3504.6%
第4回2011年01月04日22:00-23:5411.6%
第5回2011年06月11日21:00-23:1014.6%
第6回2011年10月22日21:00-23:1013.6%
第7回2012年04月07日21:00-23:1011.9%
第8回2012年11月17日21:00-23:1013.2%
第9回2013年05月25日21:00-23:1011.4%
第10回201X年XX月XX日XX:XX-XX:XX??.?%
出演者
担当氏名
大会チェアマン松本人志(ダウンタウン)
フロア進行伊藤利尋(フジテレビアナウンサー)
問題読み上げ松元真一郎(フジテレビアナウンサー)
製作者
役職氏名
企画小松純也
演出竹内誠
プロデューサー佐々木将他
スピンオフ
番組名企画内容
IPPANグランプリIPPONグランプリの歴代チャンピオンがCHAIRMAN's EYEで選ばれなかった一般回答を紹介していく(関東ローカル)。
IPPONオープン全国のお笑い芸人を対象に大喜利ペーパーテストを実施し、その中から優れた回答を紹介する。最優秀者は本編への出場権を与えられる。
IPPONスカウトIPPONオープンの第2弾。前回同様の大喜利ペーパーテストを実施し、優秀回答を出した参加者がIPPONグランプリ第8回に出場した。
IPPONプラス短い言葉の書かれた「IPPONバー」を組み合わせることで誰が一番面白い言葉を造る事ができるかを競うゲーム。