尿酸値WIKI

絶対的完成度を目指す神WIKI尿酸値編

ユーザ用ツール

サイト用ツール


sageru

尿酸値を下げる

日本痛風・核酸代謝学会はエビデンス(医学的根拠)に基づき、
痛風の発症・再発の防止として尿酸値を下げる方針を打ち出している。

これに対して日本リウマチ学会会長の西岡久寿樹は、
独自の疫学調査から尿酸値と痛風の因果関係に疑問を呈している。1)

確かに“発症”に関しては不明であるため発症前に予防目的で治療を施す根拠は薄弱かもしれない。
しかし“再発”に関しては確実に尿酸値と比例するため少なくとも発症後には治療を施すべきである。
痛風発作の再発と尿酸値の因果関係を示す研究としては以下の3つが存在する。

  • 1年以上6mg以下に維持できた痛風患者は膝関節液中の尿酸蓄積量が有意に低下して痛風関節炎が起こりにくくなる。2)
  • 痛風患者267例において再発作群の尿酸値の平均が7.0mgであったのに対して非再発作群は6.4mgだった。3)
  • 痛風患者5942例を対象にした研究によると尿酸値6.0mg以下に維持された症例では優位に発作を起こしにくかった。4)

尿酸値を下げるにはのほか漢方およびサプリも有効。
日常的な飲食物の中にも尿酸値を下げる作用のある食べ物飲み物がある。

昔から温泉が効くと言われ効能書きにも記されているが裏付けとなる医学的な研究は見当たらない。
遠赤外線療法では新陳代謝を活発にして尿酸のほか乳酸などの老廃物も体外に排出されるという。5)

またごく一部の患者は飲尿療法で完治したと証言しているが現在のところ根拠は全く不明である。
例外的に水分補給を心がけるだけで完治する症例があるがこれは元々極端に水分不足の場合である。6)

1) 西岡久寿樹『痛風はもう怖くない』P.64
2) Perez-Ruiz F, Calabozo M, Pijoan JI, et al:Effect of urate-lowering therapy on the velocity of size reduction of tophi in chronic gout. Arthritis Rheum 47:356-360,200
3) Li-Yu J, Clayburne G, Sieck M, et al : Treatment of chronic gout. Can we determine when urate stores are depleted enough to prevent attacks of gout? J Rheumatol 28 : 577-580,2001
4) Shoji A, Yamanaka H, Kamatani N: A retrospective study of the relationship between serum urate level and recurrent attacks of gouty arthreitis; Evidence for reduction of recurrent gouty arthritis with antihyperuricemic therapy. Arthritis Rheum 51:321-325,2004
6) 山中寿『痛風とつきあう法』P.113
sageru.txt · 最終更新: 2015/10/22 01:33 (外部編集)