尿酸値WIKI

絶対的完成度を目指す神WIKI尿酸値編

ユーザ用ツール

サイト用ツール


sageru:supplement:anserine

アンセリン

anserine.jpg

アンセリンは2種類のアミノ酸(β-アラニンと1-メチル-ヒスチジン)が筋肉内で結合した物質であり、
マグロ、カツオ、サケ、サメなどの魚類および鶏肉に多く含まれる。
尿酸値低下作用の他、抗疲労作用、抗酸化作用、組織修復促進作用を持つことがわかっている。

アンセリンが尿酸値を低下させるのは再利用酵素HPRTと乳酸脱水素酵素LDHの作用による。
前者はプリン体が尿酸になる前に再び元に戻すことで尿酸が作られすぎるのを防ぎ、
後者は乳酸の代謝を促進することで尿酸排泄量が低下するのを防ぐ。

このことは次に示す動物実験と臨床実験からも確かめられている。

  • プリン体を過剰摂取させたラットにアンセリンを投与すると対照群と比較して血清尿酸値が低下傾向を示した。1)
  • 尿酸値が高めの成人男性グループにアンセリン50mg/日を4週間摂取させると尿酸値が降下する傾向が確認された。2)
  • 高尿酸血症の男性6名にアンセリン60mg/日を2週間飲用してもらったところ血清尿酸値が最大で0.8mg低下した。3)
1) 野口,プリン体代謝に及ぼすAnserine投与の影響;第60回日本栄養・食糧学会
sageru/supplement/anserine.txt · 最終更新: 2015/10/22 01:42 by kamiwiki