乳幼児突然死症候群WIKI

絶対的完成度を目指す神WIKI乳幼児突然死症候群編

ユーザ用ツール

サイト用ツール


genin:utubusene

うつぶせ寝

SIDS児はうつぶせ寝で発見されることが多く、
またうつぶせ寝が減少するに従ってSIDS頻度も減少したという歴史的事実がある。1)

うつぶせ寝育児はまず1930年代にアメリカで導入され、1970年代になるとヨーロッパにも急速に広まっていった。

オランダでは1980年頃には乳児の60%がうつぶせ寝で育てられるようになり、
その頃から乳幼児突然死症候群による死亡が急増した。
1969年から1971年までは出生1000人に対して0.46人だったのが、
1986年になると1.30人、1987年には1.13人と増加傾向をたどった。
そこで国民相互協会(Nationaal Kruisvereniging)が反うつぶせ寝キャンペーンを開始したところ、
翌年1988年にはうつぶせ寝が26.8%に半減し、これに伴って乳幼児突然死症候群も0.76人(40%)に減少した。

アメリカでは1992年にアメリカ小児科学会(AAP)が仰向けか横向きで寝かせるよう勧告し、
1994年には国立小児保健発達研究所(NICHD)の主導で”back to sleep”と銘打った全国キャンペーンを開始した。
この結果1992年にはうつぶせ寝率70%SIDS頻度1.17人であったのが、
1996年には24%0.74人、1998年には17%0.72人、そして2000年には10%0.62人となった。
APPはうつぶせ寝はあおむけ寝に比べて乳幼児突然死症候群の頻度が5倍になり、
さらに普段あおむけ寝にしている乳児をうつぶせ寝にした時は18~20倍になると警告している。

日本では1996年にSIDS家族の会があおむけ寝を勧める啓蒙活動を開始しており、
1995年から2005年にかけてSIDS頻度が0.4人から0.2人に減少しているが、
これは解剖していないと乳幼児突然死症候群と診断できなくなったことが関係している可能性が高く、
うつぶせ寝の減少が乳幼児突然死症候群の減少に繋がったのかどうか定かではない。
しかしながら厚生省SIDS研究班の疫学調査ではうつぶせ寝の相対リスクは3.0倍であり、2)
日本SIDS家族の会アンケートでも、
SIDS児の79.8%が発見時にうつぶせ寝だったのに対して健康児で普段うつぶせ寝だったのは14.0%に過ぎなかった。3)

うつぶせ寝が乳幼児突然死症候群に影響する理由はよく眠るからだと考えられている。
うつぶせ寝にするとうつ熱、刺激に対する覚醒の遅延、睡眠時間・ノンレム睡眠・静睡眠の増加が引き起こされるが、
こうした要素は全てSIDSの発症機序である「睡眠時無呼吸からの回復不能」を助長させるからである。

■うつぶせ寝とSIDSに関する報告一覧4)

著者文献番号報告内容
Davies(1985)1201欧米に較べて香港ではSIDSが少ないのは睡眠時体位が関係する?
Saternus(1985)999SIDSの81%はうつぶせ寝で対象児に比較して有意に多い
Beal(1986)1018睡眠時体位が習慣として異なる地域によって,SIDSの発症頻度が異なることに注目。うつぶせ寝をとらせる地域のSIDS発症頻度は最も高率
Cameron(1986)1030SIDS犠牲者の69%はうつぶせ寝で発見され,対照乳児のうつぶせ寝の頻度41%よりも有意に高率であった。
deJonge(1989)1382オランダの197例のSIDS中88%がうつぶせ寝で発見された
Nelson(1989)1373SIDS犠牲者の81%がうつぶせ寝。対照群では49%と有意に低率
Lee(1989)1381SIDS犠牲者の44%がうつぶせ寝,対照群は7%(P<0.004)
Fleming(1990)1567SIDSの犠牲者ではうつぶせ寝の頻度が有意に高い(P<0.001)
Engelberts(1990)1493オランダではうつぶせ寝を止めるキャンペーンによって,SIDSの頻度が40%減少した。
Dwyer(1991)1648前方視的研究により,うつぶせ寝とSIDS発症は関連があることを報告。
Mitchell(1991)1663128例のSIDSと503例の対照群を比較し,うつぶせ寝は有意の危険因子と報告
Taylor(1991)1686ニュージーランドではうつぶせ寝を止めるキャンペーンによって,うつぶせ寝の頻度が42%から2%に減少した。SIDSの頻度も6.3から1.3へと減少した。
Engelberts(1991)1687オランダではうつぶせ寝を止めるキャンペーンによって,SIDSの頻度は37%減少した。
Wigfield(1992)1688イギリスではうつぶせ寝を止めるキャンペーンによって,うつぶせ寝の頻度が50%に減少した。SIDSの頻度も3.5から1.7へと減少した。
Southall(1992)1689英国厚生省は乳児のうつぶせ寝を止めるように広報活動を開始。

genin/utubusene.txt · 最終更新: 2015/10/20 19:49 by kamiwiki