痛風WIKI

絶対的完成度を目指す神WIKI痛風編

ユーザ用ツール

サイト用ツール


syoujou

症状

痛風発作により患部に激痛が走る。
慢性化すると痛風結節が現れ始め、末期になると痛風腎に行き着く。
好発年齢は30代。台湾では日本と同様だが欧米では70代がピークになっている。1)
合併症による死亡率は60%。男性痛風に比べて女性痛風は珍しい。

合併症

痛風は糖尿病と同じく合併症のデパートと呼ばれている。
名市大の松本によると初診患者の合併頻度は以下の通りである。

合併症割合
病的肥満(標準体重+20%以上)45.9%
高血圧症43.9%
高脂血症29.1%
肝障害(脂肪肝・アルコ-ル性肝障害)23.5%
心臓障害(狭心症、心筋梗塞)19.9%
尿路結石16.8%
糖尿病10.7%
腎機能低下4.6%
脳血管障害1.5%

また帝京大学医学部附属病院における初診患者78名の合併頻度は以下の通りである。2)

因子頻度(%)
肥満(Broca指数10%以上)60
高コレステロール血症(250mg/dl以上)35
高中性脂肪血症(空腹時150mg/dl以上)68
耐糖能異常(HbA1 8.0%以上またはHbA1c 6.0&以上60
高血圧(150/90mmHg以上)82
肥満・高脂血症・耐糖能異常・高血圧すべてなし4

肥満症

肥満症を合併しやすい理由は痛風患者の総摂取カロリーが高いためだと考えられている。
しかし標準体重を上回っていても外観は筋肉質の人が多い。

高血圧症

最高血圧140mmHg以上、最低血圧90mmHg以上でどちらかもしくは両方が高い状態。
肥満症の多い痛風患者では肥満が動脈硬化を進めて高血圧症を発症する。
高血圧症になるとさらに粥状動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、蜘蛛膜下出血を合併しやすくなる。

高脂血症

血液中の総コレステロールが220mg/dl以上、
あるいは中性脂肪(トリグリセリド)が150mg/dl以上になった状態をいう。
痛風と合わせて起こる高脂血症は特に中性脂肪の増加が目立つ。

虚血性心疾患

心臓冠動脈が硬化して生じる狭心症およびそれが進行した心筋梗塞の総称である。
多くの要因を抱える痛風患者はこの疾患で死亡するケースが通常の数倍と言われる。

尿路結石

腎臓から尿管、膀胱へと落ちていく過程で臓器を傷つけ、腹痛と血尿を生じさせる。
尿路結石はX線写真には写らないが超音波検査で比較的簡単に発見できる。
具体的には腎杯結石、腎盂結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石がある。

日本の上部尿路結石年間罹患率は男性192人・女性79人/10万人であり、
高尿酸血症に関連する尿酸結石は男性で5.5%、女性で2.2%である。3)

山梨県立中央病院の診療記録では痛風患者の9%に結石が認められ、このうち結石が関節炎に先行したものが56%だった。4)
これに対して欧米における尿酸結石頻度はドイツで17~25%、アメリカで9.4%と報告されている。5)

尿中尿酸排泄量でみると600mg/日未満で23%、1000mg/日以上で50%に尿酸結石を形成する。6)

糖尿病

血糖値と尿酸値の間にはあきらかな相関関係が認められている。
糖尿病の人は痛風を起こしやすく逆に痛風の人もかなりの確立で糖尿病を起こす。

脳血管障害

高尿酸血症が血液の粘性化を引き起こすことから痛風患者には脳血管障害が多い。
代表的なものとして脳出血、脳梗塞(脳血栓と脳塞栓)、蜘蛛膜下出血が挙げられる。

関節変形

痛風発作を繰り返していると関節に負担がかかって変形性関節症になる。
関節に変形を来たす症例は珍しく、なかでも無症候性高尿酸血症での症例は珍しい。
この特殊な症例は第950回千葉医学会整形外科例会が報告した1例のみである。7)

1) Wallace KL, Riedel AA, Joseph-Ridge N, et al: Increasing prevalence of gout and hyperuricemia over 10 years among older adults in a managed care population. J Rheumatol 31:1582-1587,2004
2) 赤岡家雄『痛風が気になる人へ』P.16
3) Yasui T, Iguchi M, Suzuki S, et al : Prevalence and epidemiological characteristics of urolithiasis in Japan ; National trends between 1965 and 2005. Urology 71:209-213,2008
4) 加賀美年秀『痛風のすべて - 歴史から食事療法まで』P.42
5) Shekarriz B, Stoller ML: Uric acid nephrolithiasis;Current concepts and controversies.J Urol 168(4Pt1):1307-1314,2002
6) Yu T,Gutman AB:Uric acid nephrolithiasis in gout;Predisposing factors.Ann Intern Med 67:1133-1148,1967
7) 千葉医学会整形外科例会第950回『高度の骨破壊を呈した痛風の1例』
syoujou.txt · 最終更新: 2015/10/22 01:14 by kamiwiki